海岸のゴミ拾いに行きました

自治会の行事で、週末に近くの海岸にゴミ拾いに子供と出かけました。
自転車で10分くらいの距離ですが、滅多に行くことのない海岸です。
久しぶりに砂浜に下りると、ゴミの多さにビックリしました。
各自、レジ袋を持参していたので、軍手をはめてゴミを拾い集めました。
私は主に空き缶、子供はペットボトルを探しました。
わけて拾ったほうが、後で分別が楽だとの自治会の指示でした。
しかし、どう分別したらよいかわからないようなゴミもたくさんありました。
中味が入ったままの市販薬のビン、靴が片方、カップヌードルの入れもの、大人用の傘など・・・。
流れてきたものか、海岸で捨てられたものかも定かではありません。
十数人で一時間弱作業しましたが、とても拾いきれませんでした。
大人が集めたゴミの分別作業をしている間、子供たちは蟹を見つけて遊んでいました。
すぐ近くに工場がたくさんあるので、遊泳禁止になっているのが残念なところです。
作業終了後、自治会からジュースを一本ずつもらって休憩し、ゴミを持ち帰って今日の活動は終わりです。
子供は海岸のゴミが多いことにショックを受けているようでした。
自然保護の勉強にもなるし、これからは時々散歩がてら、子供とゴミ拾いに行きたいなと思いました。