久々に読み返した本

家の本棚を掃除していたら、宮部みゆきさんの「火車」が目にとまり、久々に読み返しました。
以前読んだのは学生の時なので10年以上前のためほとんど内容を覚えておらず、読み始めたら止まらなくなりました。
かなりのページ数の本のため当然掃除は中断。
でも面白かったです。
20年も前に書かれた本ですが、やはり面白いものは何年たっても面白いです。
ドキドキの展開で夜一人で読んだため途中ちょっと怖かったです。
また面白い以上にとても考えさせられる本でした。自己破産や多重債務をテーマにしており、ごく日常に潜む落とし穴についてよく調べて分かりやすく書いてありました。
面白い本を1冊読むと、読書欲が出てきてどんどん次が読みたくなります。
明日は本屋さんに行って、久々に今まで読んだことのない作家さんの本を読んでみたいです。
読書っていいですよね。人生になくても死なないけど絶対あったほうがいいものの一つだと思います。
芸術とかスポーツもそうですね。
生命活動にどうしても必要じゃないものがかなりの経済効果をもたらしているのを考えると、人類は「遊ぶ」のが大好きなんだなと思います。
私も久々に思う存分読書という「遊び」に熱中してみようかなと思います。