夏の風物詩、水鉄砲遊び。

もうすっかり夏になって幾日か経ちますね。
そんな暑い中でも、毎日毎日、子供たちはほんとに飽きずに遊びます。
今日は、家の前で水鉄砲遊びをはじめました。
とても蒸し暑いので、水遊びは子供たちにとって、なによりの遊びです。
一言に水鉄砲といっても、最近はいろんなタイプのものがあるようです。
百円のちょっとしか水がでないものから、ちょっと値段が高いのですが、タンクがあって強い水圧で水をだせるものもあり、それらを使って子供たちが騒いでいると、どこからともなくたくさんのお友達が集まってきました。
確か10人以上いましたね。
それで彼らは水鉄砲大会をはじめました。
途中からゴーグルをしだす子など、かなり本格的にやっていましたね。
水風船を使う子もいて、なんだか凄いことに!
子供たちの発想力や、スタミナは大人には到底かないません。
でも外で遊ぶ子が少なくなった今、こういうご近所でいろんな学年を交えての遊びは、子供たちにとって社会勉強であり、いい経験になるでしょう。
子供のいないご家庭にとっては、騒がしくてとても迷惑な話かもしれませんが……。
それでもこうやって子供たちには、友達やご近所と繋がりを持ちながら、たくましく育ってほしいものだと思います。